日本製のED治療薬ジェネリック

ファイザー社の持つバイアグラの特許が2014年に切れたことにより、同じ成分を使用して製造するジェネリック医薬品の製造が可能となりました。日本でも多くの方が関心を集めていました。しかし、登場したのは、先発薬とそれほど値段の変わらない商品であるシルデナフィルOD錠50mgであり、期待していた商品ではないという声がたくさん上がってしまったようです。

 

同等の効果を求めるなら、個人輸入を利用した方が、安くかつスピーディーに購入することができると、利用者数が増えてきています。個人輸入代行業であるくすりエクスプレスでも海外製のED治療薬のジェネリックを取り扱っており、こちはら、ずっと注文が続いているといわれています。

 

せっかくのチャンスを日本製のED治療薬ジェネリックは逃してしまった感は否めないです。これからも、輸入の増加が続くと、日本の経済はどんどん衰退していくかもしれません、日本の製薬会社さんには、この現状を見届けて対応を考えてほしいものです。

 

くすりエクスプレスではたくさんの海外の医薬品を取り扱っており、中には、同じように特許の切れたジェネリック医薬品もたくさんあります。日本で製造されて、同じような価格で販売されるようになれば、もしかすると、この状態は変わってくるのかもしれません。